美味でございます~!って叫ばずにはいられない!!

クラシックバウム


 

こんにちは!
BABYDOT編集部のりんりんです!
昔ね、新宿伊勢丹のデパ地下を妹と散歩していたんですよ。そうしたら、白と青の紙袋を持った人がたくさん歩いていて、どこのお店の紙袋だろうねって食いしん坊姉妹の私たちは知りたくなったんです。二人で探しまわっていると見つけました!!そこは「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」というドイツ菓子のお店でした。

スポンサーリンク

「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」って?!

ドイツ・ニーダーザクセン州の州都のハノーファーという街で約100年も続いている由緒あるコンディトライ&カフェだそうです。
国立ドイツ菓子協会の定めるレシピにのっとり、本場のノウハウを学んだ職人がこだわりの生地を焼き上げ、代々受け継がれた伝統的なドイツ菓子が置いてあるお店です。日本には現在8店舗のお店があります。(2020年1月現在)

クラシックバウム

クラシックバウムの内容

購入し食べたのはクラシックバウムの一番小さなサイズです。
価格:945円(税別)
直径は12cmくらいでした。

チョコバウム

何層にもなったオリジナルのバウムクーヘンがスウィートチョコレートでコーティングされてます。もちろん、オリジナルバウムだけでも美味しいんですが、このチョコレートがコーティングされているだけで、美味しさが何倍もアップです!使われているのはスウィートチョコですがそんなに甘くなくて全体的に甘ったるくなく、上品な甘さです。なので、ペロリと食べられてしまいます。このサイズだと家族で食べるのは無理ですね(笑)だって、美味しいからもっともっと食べたくなっちゃう。

まとめ

クラシックバウム

このクラシックバウムを食べた時の衝撃は今でも忘れません。それほどのインパクトでした。今でも妹とあの時は美味しくてビックリしたよねって思い出話に花が咲きます。それまで、バウムクーヘンってそれほど好きじゃなかったんですよ。このお店に出会ってからですよ。バウムクーヘンがだいすきになったのは。
今では全国に8店舗、それにお取り寄せもできるし最高ですよね!
もちろん、クラシックバウムだけじゃなくて他にも美味しくて可愛いお菓子がたくさんあります。

バウムクーヘンと一緒にほっこりしたいな♪

ぐーるぐる。ぐーるぐる。あら、美味しい紅茶になっちゃった♡