妊娠中を快適に過ごそう!おすすめマタニティウェアを詳しく解説

妊娠中を快適に過ごそう!おすすめマタニティウェアを詳しく解説

妊娠中には、お腹の赤ちゃんの成長と共に女性の体にいろいろな変化が起こります。

体の変化に合わせて、着ている服のパンツや下着がきつくなってきたら、必要となるのがマタニティウエアです。
マタニティウエアとは、お母さんの体を優しくサポートしてくれる下着や洋服のことです。

初めて妊娠したプレママさんは、マタニティウエアはいったいどんなものをいつ頃準備すればいいのかわからない方も多いはずです。
マタニティライフをより快適に過ごすためにも、妊娠中もおしゃれを楽しみたいと思っている方にも、いつからどのようなものを選べばいいのか、おすすめのマタニティウエアをご紹介致します。

 www.uniqlo.com

マタニティウエアのメリット

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Ꭱ Ꭵ Ꭱ Ꭵさん(@ririiiiii58)がシェアした投稿 -

妊娠中でもお腹が大きい短い間しか着ないマタニティウエアはわざわざ買わなくてもいいんじゃない?いらないよーと思っている方も多いとおもいますが、マタニティウエアって実はすごいんですっ!!

妊娠中は、お腹の赤ちゃんが大きくなるほど、妊婦さんのお腹も大きくなっていきます。産後の授乳に向けて、乳腺が発達していきバストもサイズアップしていきます。
今まで着ていた服や下着が入らなくなったり、窮屈になってきてしまいます。
服や下着で体が締め付けられたり、不快に感じているのを我慢していると、赤ちゃんの成長やお母さんの血流を妨げてしまい、気分が悪くなってしまうこともあります。

マタニティウエアは、身体を締め付けないようにゆったりとしたデザインや、ゴムやアジャスター機能で体型の変化をサポ―トして体の負担を減らしてくれます。
妊娠中でも無理なく着られるように、着脱がしやすく、敏感になる肌に優しい素材で作られているものが多いのでつけ心地がいいんです。

マタニティブラなどは、胸の締め付けがないので乳腺が発達しやすく、母乳の質や量をよくするためにも着用することで赤ちゃんのためにもなります。

また、身体が冷えると、お腹が張ったり痛みが出ることもあるため、妊婦さんは体を冷やさないように気を付けなければいけません。お腹や腰を包み込むデザインや、前裾に十分な長さがあるように工夫されています。

腹帯やマタニティガードルは、大きくなるお腹を支えサポートしてくれる機能があります。

マタニティウエアは、体型の変化に柔軟に対応できる設計がされているので、ラインもきれいに見せてくれ、ラクに着用でき、妊娠中も快適に過ごせるように工夫されています。
実際に、妊娠中にマタニティウエアに変えた途端、体がとっても楽に感じたという方がほとんどなのです。

用意する時期は?


【マタニティーコーデ】妊娠後期春夏プチプラ洋服♪GU.UNIQLO他

妊娠してからの体重の変化やお腹周りの大きさの変化は、人それぞれ個人差があります。
では、マタニティウェアやマタニティインナーはいつ頃から準備したらいいのかな?と思いますよね。

妊娠初期は、お腹も大きくないので「まだ必要ない」と思いがちですが、つわりで胸やおなかの締め付けで気分が悪くなったり、胸が張ったり、肌が敏感になって今までの下着で肌荒れをしてしまう方もいます。
きついな苦しいなと感じたら早めにマタニティーインナーを取り入れるとつわりの軽減にもつながるのでおすすめです。
まずは、下着のブラジャーとショーツ、キャミソールからマタニティー用へチェンジしましょう。

妊娠中期の5ヶ月くらいからは、お腹もだんだんと大きくなってきます。戌の日で水天宮などに腹帯をもって安産祈願しに行くのもこの頃。
妊婦帯・腹帯は、大きくなっていくお腹をしっかり下からサポートして冷えをガードしてくれます。

お腹が大きくなってくると、細身の服や締め付け感がある服は苦しくなってきます。お腹の圧迫や締め付けを無くすためにマタニティウェアもこの頃から購入する方が多いです。
とくにパンツスタイルの多い方は、今までのズボンのボタンが閉まらなくなってくるでしょう。マタニティパンツやマタニティレギンスが活躍します。

今まで着ていたパジャマもお腹や胸の締め付けを感じたら、授乳口付きのマタニティパジャマを買うのをおすすめします。


入院時にも必要になりますし、出産後の赤ちゃんへの授乳もスムーズに行うことができます。長め丈を選ぶとボトムなしでもはけたり、入院時の診察もスムーズです。

ウエスト調節機能がついたパンツが多く長い期間使えます。出産入院後も、授乳は頻繁に続きますし、1カ月は外出できなくなるのでマタニティパジャマは部屋着としても重宝します。
健康のためにマタニティースイミングを始める方もマタニティー用の水着を用意しましょう。

youtu.be

妊娠後期は、出産後に必要なものを準備しておきましょう。出産後はなかなかゆっくり買い物に行く機会も少なくなります。

出産直後から始まる悪露で必要になる産褥ショーツや、出産後のゆるんだ骨盤を引き締めて体型をもどす骨盤サポートショーツや、赤ちゃんへの授乳がスムーズにできるように授乳ブラジャーや授乳ブラキャミソール、授乳ウエアのトップスを準備しましょう。授乳ケープにもなるおくるみも用意しておくといいですね。

いつからマタニティウエアを着用するかは自分自身の体の変化や体調を見ながら決めてくださいね。
経産婦さんや双子などの多胎妊娠の場合は、お腹が大きくなるスピードが早いこともあります。
きついなと感じたときがマタニティー用にチェンジするタイミングです。

マタニティインナーの選び方

youtu.be

インナーは、直接肌に触れるものなので、素材にこだわってコットンなどの肌に優しく清潔に使用できるものを選びましょう。
妊婦さんは汗をかきやすいため、通気性や吸汗性に優れたインナーがあると快適に過ごせます。

マタニティ ブラジャーの選び方

youtu.be

妊娠するとバストは平均2カップほど大きくなっていきます。
妊娠後のホルモンの変化で、乳腺が発達したり、つわりで通常のブラジャーでは締め付けを感じるようになります。
マタニティ―ブラジャーは、母乳をつくる乳腺の発達を妨げないように伸縮性が高く、締め付けや圧迫がないようにカップやワイヤーがゆるやかに設計されており、下垂させないために正しい位置に安定させてくれます。
締め付け感がなくほどよいサポート感のハーフトップ型と、通常のブラジャーと見た目は変わらないけど、素材やカーブが肌に優しく作られているブラジャー型があります。つわりがきつい時や寝るときは締め付けが少ないハーフトップがおすすめです。

マタニティ ショーツの選び方

youtu.be

マタニティショーツは、赤ちゃんがいるお腹部分の生地の面積が広く、おへその上までゆったり包み込んで冷えを防止してくれます。
大きくなるおなかを支えるサポート機能や、ゴムの締め付けによる血行不良を防止する役目もあります。
ゴムが子宮を圧迫しない設計でフロント部分に伸びの良い素材が使われています。お腹の締め付けが少なく健診時に着用したままでいいローライズタイプもあります。肌触りがよく、太もも部分の締め付けがきつくないもの、体調のサインがわかりやすいようにクロッチ部分が白のものがおすすめです。

マタニティ キャミソールの選び方

youtu.be

マタニティ キャミソールの選び方マタニティキャミソールは、お腹部分や身幅がゆったりと作られたノンワイヤーのカップ内蔵がおすすめです。
カップ(パッド)付きなのでブラジャーなしで着れて体調がすぐれないときもストレスフリーで過ごせます。
胸元がクロスになっていて開くデザインなら、片手でさっとおっぱいが出せるので、産後の授乳時に大活躍します。
長めの丈のものを選ぶと、お腹の冷え対策にも重宝します。

妊婦帯やガードルの選び方は?

youtu.be

妊婦帯やガードルは、腹巻き、ベルト、パンツタイプなどいろいろな種類があります。お腹を下からしっかり支えて安定させ、腰の負担を和らげてくれます。
腹巻タイプは、着脱が楽で冷えから守ってくれます。
パンツ型はズレにくいです。ベルトタイプは締め付け具合を簡単に調節でき、骨盤もしっかりサポートしてくれるのでおすすめです。
産後は骨盤引き締めベルトとしても使えるタイプもあります。

マタニティウェアの選び方

マタニティウエアの選び方

妊娠中まずは、お腹まわりのウエストがきつく感じてくると思いますので、マタニティウエアは、ボトムスから揃えるのがおすすめです。

ボトムス

wear.jp

マタニティ用のボトムスは、お腹まわりが柔らかいストレッチリブに切り替えられていて、おなか周りを優しく包み込んでくれる伸縮性の高いストレッチ素材のパンツやジーンズが1本あるととても便利です。
大きなお腹は優しく包みながら、脚部分は普通服と変わらないシルエットで仕上げられているので、脚長・美脚効果もあります
マタニティスカートは、お腹を包む切り替えがあり、ずり落ちないようにできています。お腹が大きくなっても前裾が持ち上がらないように前の丈が長めに工夫されています。
マタニティ用のボトムスは、ウエスト部分が着脱式やアジャスター付きサイズ調節ができ、産後まで着られるデザインのものもあります。

ワンピースやトップス

wear.jp

マタニティといえば、ワンピースを思いうかべませんか?ウエストの締め付けがないワンピースはラクに着用できます。
ゆったりとお腹や腰回りをカバーできる丈の長いものや伸縮性が高い生地のものがおすすめです。ゆったりめのワンピースやトップスを持っている方はマタニティ用は買わないで済むかもしれませんね。
でも、マタニティ用は後ろ裾より前裾を長めにしているので、お腹が大きくなってもずり上がりが少なくきれいに着こなせるデザインになっています。
マタニティワンピースやトップスでは、胸元がクロスになっているものや授乳口付きのデザインや前開きできるものを選ぶと、産後の授乳時まで長く使え活躍するので便利です。

レギンスやタイツ

wear.jp

ワンピースや長めのトップスにあわせて着ることが多いレギンスやタイツ。
お腹を守ってくれたり、足首まで隠して冷え予防にも役立ちます。
秋冬はもちろんですが、春夏の暑い時期にも、UV対策や冷房対策としてワンピースやスカートに合わせるレギンスがあると重宝します。
股上が深く、ウエスト部分が伸縮性が高いもので、初期から臨月まで使えるものもあります。

 

妊娠中もお仕事を続けている方は、シンプルなデザインで長めの丈のブラウスやカットソーとモノトーンやネイビーのストレッチパンツやスカート選ぶとオフィス用や通勤服としても使えますね。
妊娠中に結婚式に呼ばれることもあると思いますが、フォーマル服もマタニティ用のデザインのものも増えています。
マタニティ用の授乳口付きの黒のワンピースは1枚持っておくと、冠婚葬祭やちょっとしたお出かけなど産後まで幅広いシーンで使えるので買ってよかったという声が多いです。

どこで買う?おすすめのおしゃれな通販

マタニティウエアは、どこで買えばいいの?と思う方も多いかもしれません。
最近は、ユニクロや無印良品やH&Mもマタニティウエアの取り扱いを始め、マタニティウエアを買える店舗も増えてきました。
伊勢丹や三越などのデパートにもデパートブランドのマタニティウエアが購入できます。

www2.hm.com

しかし、品揃えが多いといえば、やっぱり通販ですね。
つわりできつくお店に買いに行けないときやお腹が大きくて遠くのお店まで買い物に行けない時、出産後赤ちゃんとお買い物にでるのに不安な時などにもオンラインショップの通販はとても便利です。

楽天やAmazonでは、マタニティ専用店もありますし、種類やサイズも豊富で安くておしゃれな服があるのでおすすめです。主婦にはうれしいセール品もありますよ。

 幅広い年齢の方に人気の「Milk Tea(ミルクティ)」は、マタニティウエアと授乳服の専門店です。ナチュラル・カジュアル系でシンプルで合わせやすい服が多いです。
夏の定番服のTシャツは、経験ママが考えた授乳口のデザインで機能性が高く2019夏服総合大賞のアイテムです。

junyu-fuku.com

きれいめ、華やか系の「SWEET MOMMY」は、マタニティウエアと授乳服のお店で多くの雑誌でも取り上げられ、芸能人も多く愛用中です。
結婚式や入学式でも使えるフォーマル服も充実しています。定番のストレッチ美脚スキニーパンツは産前産後兼用でき、人気が高く、インスタやSNSでも着やせ効果があるパンツと話題です。

www.sweet-mommy.com

ベネッセの総合通販サイト「たまひよSHOP」は、マタニティからベビーグッズや内祝いまで幅広く取り扱っています。
妊婦さんの声から産まれた妊娠中から授乳用まで使えるぐっすり眠れるオリジナル抱き枕が人気です。

shop.benesse.ne.jp

「ベルメゾン」も、品揃えが豊富です。
マタニティインナーランキング1位のクロスオープンの瞬間授乳ブラキャミソールは100万人の先輩ママのお墨付きで産後リピートで買った方も多い大人気商品です。

www.bellemaison.jp

韓国発のマタニティウエアショップ「CHOCOA(チョコア)」や「Luculia(ルクリア)」も最新トレンドを取り入れているので、流行のファッションを楽しめるし、ワンピースなどデザインもかわいく、お値段は普段着と変わらない安い価格で買えるので人気です。

chocoa.me

luculia.jp

海外のマタニティブランドの「Seraphine(セラフィン)」は、キャサリン妃やハリウッドセレブもご用達のオシャレで上品なアイテムが取り揃えられているブランドです。やや高めのお値段ですが、着心地のよさは抜群です。

www.beams.co.jp


専門のマタニティウエアではないけれど、プチプライスで人気のしまむらで、マタニティーファッションを楽しんでいる方も増えています。

www.shimamura.gr.jp

妊娠や出産で何かとお金がかかる時期なので、マタニティブランドや専門店のマタニティウエアは値段が高く、節約しておしゃれを楽しみたい妊婦さんは、しまむらで流行りのファッションを取り入れています。
しまむらでは、サイズ展開が幅広く、サイズアップすれば、ワンピースなどはマタニティ用として可愛いコーディネートを格安で楽しめるというわけです。

しまむらには「バースデイ」という妊娠、出産、ベビー、キッズ用品の姉妹店があります。マタニティ専用の下着や衣料品もリーズナブルに購入することもできます。

www.s-birthday.com

子供服やベビー服の激安なイメージがある「西松屋」でも、マタニティウエアの取り扱いがあります。おむつや絵本なども販売しているのでベビー用品の準備と一緒にチェックしてみましょう。

www.24028.jp

「イオン」のベビー用品売り場にも、マタニティウエアやインナーの取り扱いがあります。
イオンの子育て応援アプリ「キッズリパブリックアプリ」では、お買い物に使えるクーポンプレゼントや、店舗にいくとくじが引けたり、小児科や産婦人科に無料で相談できるオンライン機能があります。

www.topvalu.net

マタニティファッションの注意点

マタニティファッションの注意点

マタニティファッションでおしゃれに配慮することはいいことなのですが、何よりも第一に自分とお腹の赤ちゃんを守ることを優先に考えてくださいね。
妊娠中は、体を温めすぎても、冷やしすぎても赤ちゃんやママの体にはよくありません。
春や秋は1日の寒暖差が大きい季節です。体温調節しやすいように、長袖のカーディガンやストールなどを持ち歩くと安心です。
妊娠中は体温が上がって汗をかきやすいので、夏は特に吸湿性や吸汗性の高い素材を選びましょう。
冬は、乾燥しやすく冷えやすいので、保温保湿効果が高い冬小物も利用してあたたかファッションを選びましょう。

サイズ

マタニティウエアやインナーを買うときのサイズ選びは、大きくなっていく部分も考慮されてデザインされているので、ほとんどの場合は、妊娠前と同じものを選んで大丈夫です。
通常サイズがMの方は、マタニティウエアもMサイズを選ぶといいでしょう。

靴の選び方

高いヒールを履かないことはもちろんですが、履くときにお腹を圧迫する姿勢が必要になる靴も避けた方がいいですね。
結ぶときにかがむ必要のあるひも靴は、お腹を圧迫する心配もありますし、ひもが解けたときにひもを踏んで転ぶ心配もあります。
脱いだり履いたりしやすく、滑りにくいスニーカーやスリッポン、フラットタイプのバレエシューズやモカシンがおすすめです。
妊娠中足がむくみやすくなることもあります。むくみやすい妊婦さんは幅広タイプの靴がおすすめです。

バッグの選び方

重いものは持たないようにすることが大前提です。妊娠中に携帯するバッグは、それ自体が重圧で重さのあるものはできるだけ避けましょう。
軽くて体の負担にならないバッグ、両手を開けられるショルダーバッグやリュックサックがおすすめです。

まとめ

 まとめ

マタニティウエアやマタニティインナーの種類のご紹介や選ぶポイントは、参考になりましたか?

マタニティウエアやインナーは、妊娠中の数カ月しか使わないからあんまり買いたくないなぁと思っている方も多いと思いますが、妊娠中だけでなく、妊娠初期から産後まで使えるように工夫されているものも多いので、意外と長く使えるものもありますよ。

妊娠中に着る服すべてをマタニティウエアにする必要はありません。妊娠中にも着れそうな洋服があれば、その服とのコーディネートを考えて選ぶのもおすすめです。

結婚式などのお呼ばれで1度しか着ないだろうという場合はマタニティドレスのレンタルを利用するのもいいですね。

妊娠初期から臨月頃や産後までサイズ調節が可能かどうか、出産後の授乳時まで使えるデザインになっているかも選ぶポイントですね。
出産後は体型が元に戻るまでしばらくかかります。出産後もゆったりとした服が必要となること、授乳期間中は授乳口が付いた服があると便利なことも覚えておいてくださいね。

妊娠中も、出産後も、快適なマタニティインナーやマタニティウエアを上手に取り入れて、妊娠期間中にしかできないマタニティファッションのおしゃれを楽しんで、明るい気持ちで過ごしてくださいね。

ベイビーーズ

ベイビーーズは現役のママが10人が子育て・ファッション・トレンド情報を編集してお届けしています。
ベイビーーズでは素敵な写真やアイデアを一緒に投稿してくれる公式インスタグラマーを募集中です!

詳しくはこちら

最新情報をSNSで!Follow Us
Twitter Facebook LINE Instagram