妊娠線ができる人とできない人の違いは?原因を知って予防をしよう!

妊娠線ってなに?

妊娠5ヶ月くらいから、お腹のふくらみが目立ってくると、赤ちゃんがお腹のなかにいるという気持ちも高まり嬉しくなってきますが、気になりだすのが妊娠線です。

妊娠線は「ストレッチマーク」や「肉割れ」ともいわれています。

一度できてしまうと、消せないと言われているので、できることなら妊娠線はつくりたくないですよね。できてしまってから後悔しないように、妊娠線のメカニズムと予防ケア方法をご紹介致します。

 妊娠線の原因 

妊娠線の原因

妊娠中に起こる肉割れを妊娠線と言います。正式には「線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)」もしくは「皮膚伸展線条(ひふしんてんせんじょう)」と呼ばれる皮膚の症状です。

皮膚というのは、外側から順に、「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層でできています。妊娠線とは、妊娠5ヶ月くらいから急激に大きくなるお腹に、皮膚が急に引っ張られ、皮膚の表皮が伸びるのに対して、皮膚の奥の真皮と皮下組織が追いつけずに、亀裂ができてしまうことがあり、この裂けてできる断裂のことです。

真皮は、コラーゲンやエラスチンという線維で形成されています。この皮ふの内側の線維が割けてしまうと、肌の表面から毛細血管が透けて線状になった赤紫色の線が見え、これが妊娠線です。妊婦さんの半数近くは、妊娠線ができてしまい、その原因は、急激な体重増加とホルモン変化によるものです。

妊娠線は、お腹にできるというイメージがありますが、皮膚が柔らかく皮下脂肪が付きやすい場所であればどこでもできてしまうので、お腹だけではなく、足の太もも、腰やおしり、胸や二の腕にできることも多くあります。
急激な体型変化があればだれにでも発生するので、成長期の子どもや男性にもみられる現象です。
授乳のために急速に大きくなる乳房周辺にもでき、乳房周辺にできるものは授乳線とも呼ばれます。

また、妊娠中は、グルココルチコイドという副腎皮質ホルモンの分泌が増え、真皮のターンオーバーが抑制されてコラーゲンの生成も進まず弾力を失うため、断裂を起こしやすい状態になっています。
そこに、急激な体型変化が加わるので、妊娠線が起こりやすくなるというわけです。

www.worry-ninshinsen.com

いつからできるの?

いつからできるの?

妊娠5ヶ月くらいのお腹が大きくなってくる時期から妊娠線ができやすいと言われますが、お腹の大きくなるスピードや妊娠線ができやすい時期は個人差があります。

食べつわりなどで、妊娠初期に急に太ってしまって体重増加が大きい場合は、妊娠線は早めに出やすくなります。
また、経産婦さんは、初産のときよりも子宮も皮膚も伸びがよくなっているので、お腹の大きくなるスピードも速いです。
双子以上の妊娠をしている場合は、単胎妊娠よりもお腹が大きくなりやすく、お腹の表面積が引き延ばされるため、早く妊娠線ができやすくなります。
高齢出産の場合は、加齢により皮膚の弾力が落ちているため、真皮が表皮の伸びについていけず妊娠線ができやすいです。
やせ型の人や小柄な人は、骨盤が小さく、皮ふ表面積も小さいため、赤ちゃんが成長するとお腹が前の方に出て大きく皮膚が引き延ばされるので、皮膚が伸びるスピードが早い傾向があります。

妊娠線ができやすい人は、体質的に皮下脂肪が厚い人です。皮下脂肪は横方向への弾力性が乏しいため、皮膚の伸展についていけずに断裂を起こしやすくなってしまいます。
また、乾燥肌の人もできやすいです。お肌が乾燥していると、皮膚の弾力が乏しく、肌の水分不足が原因で妊娠線も目立ちやすくなります。

妊娠線をしっかり予防したいと思っているなら、お腹が大きくなる前の妊娠初期から、妊娠線ができる前に早めに予防ケアを始めることをおすすめします。つわりなどで体調が不安定な場合でも、遅くても安定期に入る5ヶ月頃までには始めるようにしましょう。  

予防ケア

予防ケア

妊娠線の予防には2つのことが重要となります。

まずは、体重の管理に気を付けることです。
妊娠初期から、短期間での急激な体重増加には気を付けなければいけません。体重の増加によって、妊娠線ができる確率は高まります。
しかし、極端なダイエットや食事制限などは赤ちゃんの成長を妨げてしまいます。暴飲暴食しないように食事の内容や量を改善したり、適度に軽い運動を取り入れて、皮下脂肪ができにくい体をつくり、体重が増えすぎないように、毎日体重をチェックして予防しましょう。

急激な体重増加は、妊娠線ができやすくなるだけでなく、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの罹患や、胎内肥満児のリスクが高まるので、気を付けましょう。

適度な軽い運動は、急激な体重増加を抑えるだけでなく、筋力がつき、新陳代謝がよくなることで、肌のターンオーバーの促進につながり、妊娠線ができにくくなります。運動することにより、むくみや冷えのマイナートラブルの改善、出産や育児への体力づくり、産後の体型戻しなど様々なメリットもあります。

そして、妊娠線予防のためには、とにかく保湿です。水分と油分のバランスが崩れて乾燥している肌は、柔軟性がなくなり、妊娠線ができやすくなります。
お腹が大きくなって皮膚が引きのばされても、保湿が充分だと、柔軟性が高まり、皮膚に弾力が与えられて伸びやすくなるので妊娠線ができにくくなります。
保湿性の高いマタニティ専用のオイルやクリームを、おなかや太もも、胸などの妊娠線ができやすいところにまんべんなく塗り、肌をやわらかく皮膚が柔軟に伸びるようにしておきましょう。

妊娠中は、肌トラブルによるかゆみが発生しやすくなります。おなかがかゆいと感じたら皮膚が乾燥しているサイン、妊娠線できはじめの兆候です。妊娠線ができないまま妊娠後期の臨月になったとしても油断は禁物です。特に臨月以降はお腹がパンパンに大きくなり、疲れも出やすく妊娠線も急にできやすい時期と言われます。赤ちゃんは生まれる直前の1カ月で一気に大きくなるのです。私も臨月の頃はお腹の皮ふが引っ張られているように感じました。皮ふがつっぱってかゆいからといって掻きむしったりしないようにしっかりと保湿ケアをしましょう。また、出産時に力を入れていきんだり、出産後に胸が張ったりして、妊娠線につながることもあります。

保湿にはクリーム?オイル?

保湿にはクリーム?オイル?

では、妊娠線予防のための保湿は何がいいのか、様々な種類がありどんなものを選べばいいのかと迷ってしまいますよね。

まず最初に、安全な成分であることが大切です。合成香料や合成着色料などのような肌に刺激となる成分は極力避け、肌バリアを低下させてしまう石油系合成界面活性剤や鉱物油なども含まない方が安心です。オーガニックタイプや低刺激タイプのものは、植物・天然由来の成分が主体となっているので安心して使用できます。

保湿の高い順番では、オイル>クリーム>ミルク・ローションの順番になります。

楽天市場の妊娠線予防ケアクリームランキングでは、「ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム」「AMOMAマタニティオイル」「AFC mitete」「アロベビー フォーマム 妊娠線クリーム」が上位で人気があります。

  • 「ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム」
    高保湿のうるおいサポート成分と、肌の伸びをよくする弾力・柔軟性サポート成分を配合し、ママの乾燥ケアと産後も赤ちゃんの全身保湿にも使える低刺激処方にこだわったクリームです。つわりの時にも助かる無香料・無着色で塗るだけでマッサージ不要で、ポンプタイプなので手軽に保湿ケアができます。

    www.natural-s.jp

  • 「AMOMAマタニティオイル」
    無添加100%植物性の高保湿なライスオイルと、べたつきにくいマカダミアナッツオイルをベースに3種の精油を配合しています。マタニティセラピストが開発し、全国のマタニティセラピーでも使われる本格派のマッサージオイルです。ほんのりと柑橘系の優しい香りです。精油を使用しているので、赤ちゃんへの使用は控えてください。

    https://www.amoma.jp/products/maternity_bellyoil/

  • 「AFC mitete」
    100人以上の女性の声をもとに生まれたマタニティクリームです。女性のめぐりサポート成分の葉酸を配合しており、香料・着色料・鉱物油すべて無添加で低刺激にこだわっています。塗った直後からじんわり温まる成分を配合して冷えに対応し、べたつかずサラッと快適な塗り心地で、ふわっと香るアロマでリラックスできます。マッサージ不要で生まれたての赤ちゃんも使用できます。

    464981.com

  • 「アロベビー フォーマム 妊娠線クリーム」
    99%が天然由来成分でできており、国産のオーガニック原料を使っているので敏感な肌にも優しく安心です。ヒアルロン酸10倍のスイジンジノリと、植物由来持型高保湿成分アクアキシルを配合し、24時間持続のW保湿で柔らかく滑らかな肌にします。生まれたての赤ちゃんにも使えるので産後も親子で使用できます。

    www.alo-organic.com

  • 「ヴェレダ マザ―ズボディオイル」
    2019年ママリ妊娠線ケアアイテム部門口コミ大賞で入賞したオイルです。100%天然由来成分で、世界基準のオーガニック認証を取得しています。高品質のアーモンドオイルやビタミンEを含む小麦胚芽オイル、アルニカのエキスがハリを与え、弾むような肌に導きます。妊娠初期からお肌の保湿をし、産後は肌の引き締めにも効果があります。香料は天然のエッセンシャルオイルです。

    www.weleda.jp

妊娠線専用のクリームやオイルはちょっと高価なので、薬局やドラッグストアで売っている市販のもので保湿し妊娠線ケアをしたという方も多いようです。
「ピジョン 保湿ボディケアクリーム」「ニベア 青缶」などが人気があります。

  • 「ピジョン 保湿ボディケアクリーム」
    高密着タイプなので、塗るのは1日1回のケアでマッサージ不要です。無香料・無着色で肌にスーッと伸び、べたつきがないクリームです。弱酸性・低刺激なので、産後赤ちゃんにも使えます。

    pigeon.info

  • 「ニベア 青缶」
    ミネラルオイルやワセリンなどの油性成分で作られるシンプルなクリームに、スクワランやホホバなどの保湿成分が配合され、妊婦さんでも安心して使える成分です。少し硬めのクリームなので、ベビーオイルと混ぜて使うと伸びがよくなり摩擦が減りマッサージにも使えます。

    www.kao.com

妊娠線予防の保湿ケアは、お手頃なものから高価なものまで多くの種類があります。
値段が高ければ、効果が高いとは限りません。

大切なのは、自分の肌質にあっているかどうか、毎日続けることが大切になってくるので、無理のないコストであることも重要です。
つわりの時期はにおいに敏感になっているので、苦手なにおいが原因で体調が悪くなってしまうこともあります。無香料のものや妊婦さん向けのアロマ効果のある商品を選ぶと安心かもしれません。
使い心地や香りなど自分に合ったものを見つけましょう。

保湿ケアの方法

youtu.be

妊娠線を防ぐには、乾燥を防ぎ、肌を柔らかく保つことが重要です。毎日こまめにケアを続けましょう。

お肌が温まっているお風呂上りや朝起きて着替える前、クリームやオイルを手に取り、あたたかい手で全身を優しくなでるようにケアしましょう。
お腹の赤ちゃんを思いながら、リラックスしてくださいね。
余裕があるときは、胎動を感じながらマッサージしたり、忙しい時はサッと塗ったり、状況に合わせて無理なく毎日続けることが大切です

お腹は、両手でお腹を包み込むように、下腹部から胸に向かって伸ばします。お腹の下の方も忘れないように。
太ももやお尻は、下から上に向かって皮膚を持ち上げるような気持でなじませます。お尻の下や太ももの内側などの死角も忘れないように。
胸は、手のひらで優しく挟み横向きに動かしてなじませます。脇は、脇から胸に向かってなじませます。
二の腕は、内側も外側も、上部に向かってやさしくなじませます。
特に胸の横や胸の下側は見えにくい部分でもあるので、毎日気を付けておきましょう。

マッサージ不要なクリームなどもありますが、やさしくマッサージしながら保湿することで、皮膚の伸びがよくなることもあります。

せっかく保湿しても、お風呂でボディーソープや石けんでの洗いすぎが原因で必要な皮脂まで洗い流し乾燥気味になってしまうこともあります。身体を洗う時にはそっとなでるようにしましょう。入浴は皮膚の血行をよくしてくれるので、身体を温めるためにもゆっくりと入ることをおすすめします。

お腹が大きくなってくる妊娠中期以降は、腹帯を付けて赤ちゃんを支えると、お腹が安定するので、皮膚に負担がかからず妊娠線の予防にもなります。妊娠線予防クリームなどをたっぷり塗った後に、腹帯でお腹を覆うと、クリームの成分が肌にしっかりと浸透されて保湿力もアップするのでおすすめです。

これって妊娠線?

これって妊娠線?

妊娠中に、おへその上下あたりに黒い線が出てきたら、妊娠線ができちゃった!と焦る方もいらっしゃると思いますが、その線は、「正中線(せいちゅうせん)」と言います。
妊娠するとおへそを中心にお腹の真ん中あたりに浮かび上がる1本の黒い縦線で妊娠期の生理現象の一つです。

正中線は、妊婦さんの約70%に見られると言われており、妊娠線でも体の異常でもありません。
男性も女性も生まれながらに正中線をもっており、妊娠していないときは、正中線は透明か白なので、目で確認ができません。

妊娠しておなかが大きくなって皮膚が薄くなったり、ホルモンバランスの変化が原因で、妊娠前よりもメラニン色素の生成量が増え、正中線が濃く目立つようになるのです。
特にお腹が大きくなる妊娠20週あたりから目立ち始める方が多いようです。
出産してからホルモンバランスが落ち着けば、半年~1年ほどで色も目立たなくなり、自然と消えていくことが多いので気にしすぎなくて大丈夫です

産後に正中線を早めに目立たなくするには、妊娠線と同様にオイルやクリームで保湿することです。保湿してお肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促すことで、たまったメラニン色素を排出されます。お腹を温め、十分な睡眠をとって新陳代謝を促すことも大切です。

youtu.be

もしもできてしまったら

もしもできてしまったら

妊娠線ができてしまった!
気を付けていたのに、妊娠線ができてしまてショックを受けた方もいると思います。

妊娠線を消す方法や薄くする方法ですが、まずは、食生活を見直し、お肌の調子を整えてみましょう
朝、昼、晩と規則正しい食事をし、ほうれん草やカボチャなどの色の濃い緑黄色野菜で肌のターンオーバーを促進します。根菜類は体をあたためるのでおすすめです。

そして、妊娠線クリームやオイルで朝晩徹底的に保湿をして乾燥を防止します。しっかり保湿をして肌のターンオーバーを促します。

出産後のアロマテラピーも効果があると言われています。ホホバオイルやアーモンドオイルをキャリアオイルとして、カモミールやネロリ、ジャスミンの精油をプラスすると効果がアップします。特にジャスミンは妊娠線を消す役割と母乳分泌効果がある精油なのでおすすめです。お風呂上り、キャリアオイル10mlに1滴の精油を混ぜて肌に優しくマッサージしましょう。

youtu.be

妊娠線ができるとショックを受けますが、大きく広がらないようにしっかり保湿ケアをしましょう。出産後数カ月すると、薄くなって目立たなくなることもあります。気にしすぎてストレスになるのも良くないですよ。

それでもとにかく短時間で妊娠線を消したい場合、病院でレーザー手術による妊娠線治療もあります。
レーザー治療は、美容皮膚科などで行われ、レーザーによる熱の作用で肌を傷つけ、傷を治す代謝によって、妊娠線を薄くしていきます。
レーザーで刺激を与えることで、真皮にあるコラーゲンを新しく作るように真皮に直接働きかけます。新しいコラーゲンが活発に作られると、古い皮膚がはがれて新しい皮膚への入れ替わりを早められ、妊娠線の改善と皮下脂肪の分解を促します。
治療は、妊娠線の範囲や深さなどによっても異なりますが、短時間で終わることが多く、メスを入れずに処理ができ手軽に行えます。
まれに、レーザー照射の熱で火傷したり、人によっては痛みを感じるリスクがあることがあります。クリニックによって、レーザー回数も治療費も部位によってもさまざまです。1回の施術費用が20万を超えることもあり費用の負担は大きいです。
料金が高ければ必ずしも効果が高いとは言い切れないので、しっかりとカウンセリングを受けることをおすすめします。効果が高いのは、レーザー手術ですが、保険適応外なので全額自己負担となり高額となります。もちろん、妊婦さんは施術はできないので、産後の対策です。

まとめ

まとめ

ネットで妊娠線の写真を見てビックリしたことがある方も多いと思います。
妊娠線を作らないためには、しっかりと体重管理や保湿ケアを妊娠初期から心がけましょう。
お腹の赤ちゃんに語り掛けながら保湿ケアやマッサージをすると赤ちゃんもきっと喜んでいるはずです。毎日めんどくさがらず、心も体もリラックスして楽しみながら保湿ケアすると癒し効果も高まりそうですね。
皮ふが突っ張ってかゆみを感じたら、妊娠線の予兆だと思って、たっぷりと保湿しましょうね。

そして、忘れてはいけないのが産後です。大きくなって伸びた皮膚が、赤ちゃんが出た後は数カ月かけて元に戻っていくのですが、縮んでいく過程でも肌への負担はあるので、産後も妊娠線やたるみができやすくなります
妊娠線は、妊娠中の予防も大事ですが、産後のケアも大切です。
妊娠初期から毎日のお肌のケアを習慣づけて、いつまでもきれいなお肌でいれるようにしたいですね。
www.baby-babys.com

ベイビーーズ

ベイビーーズは現役のママが10人が子育て・ファッション・トレンド情報を編集してお届けしています。
ベイビーーズでは素敵な写真やアイデアを一緒に投稿してくれる公式インスタグラマーを募集中です!

詳しくはこちら

最新情報をSNSで!Follow Us
Twitter Facebook LINE Instagram