なんだかんだ・・・石鹸っていいんじゃないかな!その②無印良品『保湿石けん編』

保湿石けん

こんにちは、BABYDOT(ベイビードット)編集部のプッサンです♪

洗顔を石鹸に変更してもうすぐ1ヵ月たつ私です!うーんすこぶる良い感じ♡
前回は、牛乳石鹸『赤箱』の紹介をしました。赤箱とても良い感じなんです。という事で、今回は無印良品のその名も『保湿石けん』を紹介したいと思います!

さて、どんな結論になるかな・・・?

スポンサーリンク

商品紹介♪

お名前:保湿石けん/無印良品
価格:350円/80g
自己PR:保湿というネーミングにウソはない!

特徴

きめ細かいクリーミーな泡が特徴で、しっかり肌を包み込んで優しくしっとり洗い上げます。①オリーブ果実油②リピジュア③ヒアルロン酸を配合し、うるおいを保ちます。

使って見た!

保湿石けん

保湿石けん

けっこうズッシリで大きめの石けんです。透明タイプですよ。

石けんを使う時は、必ずネットで泡立てて下さいね!ネットを使う事で、きめ細かい泡を作る事が出来ますよ。

保湿石けん

保湿石けん

保湿石けん

あっと言う間に泡立ちますねー!感覚としては、牛乳石鹸の赤箱よりもモコモコの泡が立つ感じがします。キメもこちらの方が細かい気がします。

保湿石けん

そっと顔に乗せて、クルクルと優しく洗い上げていきますよ♪ もこもこで幸せ過ぎます(笑)

牛乳石鹸『赤箱』と無印良品『保湿石けん』

今回、2つを使い比べてみましたがどちらも、保湿成分が配合されているので石けん特有の気になる『ツッパリ感』は感じる事はありませんでした。

キメの細かさや肌触りは、無印良品の『保湿石けん』の方が良い感じはします。でも洗いあがり後の『保湿』の継続時間は牛乳石鹸『赤箱』の方が長く続く気がしました。

もちろん洗顔後は、どんな状態でも早めにスキンケアをすることが大事になります。

コスパもよく、泡切れもいい石鹸での洗顔をしばらくは続けていきたいなと思っています!
ただ!石けんを使う時はくれぐれも洗顔向きか、そうじゃないかを確認して使用して下さいね♪ちなみに無印には、『洗顔石けん』も別にあります。

今回は、全身対応の保湿石けんとして比べてみました!全身洗うなら無印の泡立ちの良さがきもちいいな~と感じます。柔らかめで石けんの消費量は多めですね。

またおすすめの石けんがあれば紹介していきます!

牛乳石鹸『赤箱』の使用感は?

なんだかんだ・・・石鹸っていいんじゃないかな!その①牛乳石鹸『赤箱編』