美味しすぎてほっぺたが落ちちゃう!ロッテリア「クラッシックバーガー ロデオウエスタン」を食べてみたよ 

まさに西部劇のようなハンバーガー ロッテリア「クラッシックバーガー ロデオウエスタン」を食べてみたよ


 

こんにちは!BABYDOT編集部のmocoです。

ロッテリアのハンバーガーに「クラッシックバーガー ロデオウエスタン」というものがあります。
クラシック・ロデオ・ウエスタンなど、アメリカの西部開拓時代を感じさせるキーワードが気になり、即購入。

さっそく食レポしますね♪

スポンサーリンク

ロデオウエスタンとは何ぞ?

ロデオウエスタンとは何ぞ?

価格:単品で730円(税別)

見た目の特徴は、大きなオニオンフライとボリューム感のあるハンバーグ。
まさにアメリカの食べ物といった印象。
ハンバーガーの見た目を彩るレタスなど、緑の葉っぱの姿はありません。

レタスなどの緑の葉野菜の姿は見当たらない。
そう言えば、西部劇ってあんまり、緑の植物のイメージってないですよね。
ところでロデオウエスタンってどんな意味なんでしょうか?
グーグル先生に聞いてみても、このハンバーガーの説明がずらっと並ぶだけです。
どうやらロデオとウエスタンを合体させた造語のようです。意味とか別にいいんです。勢いがあってカッコよければ。

Twitterの声です

サクサクのオニオンフライの歯ごたえがクセになっちゃう♡

サクサクのオニオンフライの歯ごたえがクセになっちゃう♡

こうしてみると、見た目の迫力がハンパないですね。
また食べたくなっちゃいました(๑´ڡ`๑)
早速実食。まず特徴的なのはサクサクしたオニオンフライの歯ごたえ。
さすが作りたて。クセになるような食感です。
ビーフ100%のハンバーグもとってもジューシー。
噛めば濃厚な肉汁がじゅわ~っと口の中に広がります。
ベーコンの塩気と重なっておいしさぐ~んとアップ。

うひゃ~おいしい~٩(๑´0`๑)۶

アゴのつけ根が痛くなるほどの美味しさ!
全身アメリカン。中途半端なレタスの葉っぱなど入っていない、その潔さが逆に好印象♡
ボリュームも満点。満足すること間違えなし。
「ちょっと大きすぎるよ~」という人のために、少しサイズの小さい「クラシックバーガーJr.ロデオウエスタン」もありますよ。
何にしろ、ガッツリ系ハンバーガー好きなら食べて後悔なし!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ミニストップのグリルチキンもおいしかった~

濃厚な味付けはガテン系男子も満足させちゃう!?ミニストップ発♪照り焼きの甘みにやられちゃってください!