IKEAのキッチンワゴン(RÅSKOG)をベビーワゴンに♡赤ちゃんの”お世話グッズ”収納法

IKEAのキッチンワゴン(RÅSKOG)をベビーワゴンに♡赤ちゃんの”お世話グッズ”収納法


 

こんにちは、BABYDOT編集部のnyu–miです!

プレママさん出産準備は進んでいますか?
ベビーグッズが揃ってきたら、次は置き場所をどうするか悩みますよね。

ここ数年は、頻繁に使うベビーのお世話グッズを、移動ができるワゴンにまとめて収納する方が増えています!

中でも、IKEAのキッチンワゴン(RÅSKOG)を『ベビーワゴン』にするのが大人気になっています。
実際に使っている筆者も、その使いやすさと便利さを実感している一人です。

ぜひ悩んでいるプレママさんにおすすめしたい、収納方法をご紹介します♪

スポンサーリンク

IKEA RÅSKOG/ロースコグ ワゴン

IKEA RÅSKOG/ロースコグ ワゴン

キッチンワゴンやベビーワゴンとしてだけでなく、様々な使い方が出来るロースコグ ワゴン。

ダークブルー・ライトピンク・ホワイト・ブラック・ライトイエロー・ターコイズ・ライトグリーンの全7色の豊富なカラーで、インテリアに合わせて選ぶことができます。
(2019年12月現在)

収納ボックスを使って見やすく収納

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

🅡🅒🅗🅐🅝(@bob_baby_1215)がシェアした投稿

パッと見てどこに何があるか分かる、とても見やすいベビーワゴン

上の段→無印良品のポリプロピレン収納キャリーボックスを使用し、スキンケア用品など細かい物を収納
真ん中100均セリアのボックスを使用し、頻繁に使うガーゼや肌着類を収納
下の段→ニトリのNインボックスを使用し、おくるみとオムツを収納

行ったり来たりしないでいい!生活同線バッチリ収納

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

mii(@miihocoo)がシェアした投稿

ベビーワゴンの隣にはオムツ用ごみ箱も設置して生活同線バッチリ

上の段100均セリアのボックスを使用し、ガーゼやスキンケア用品を収納
真ん中→肌着やお洋服を収納。新生児期は1日に何度をお着替えをすることがあるのでたくさん必要
下の段→おむつやおしり拭き

100均の収納ボックスを活用!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@n.yu____miがシェアした投稿

すべての段に、100均セリアの同じボックスを使って統一感のあるベビーワゴンに。
赤ちゃんだけでなく兄妹のグッズ収納。

上の段→おむつとガーゼ
真ん中→上の子の肌着やパジャマ類
下の段→赤ちゃんの肌着やパジャマ類とスタイなど

お部屋がパッと明るくなるライトグリーン

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

seina👙(@nemuiyo_912)がシェアした投稿

ワゴンのサイドにも収納ボックスを付けて収納力抜群!使いやすいベビーワゴンに!

上の段→ガーゼやスキンケア用品、ミルクグッズ
真ん中→おしり拭きやオムツ替えシート、スタイ
下の段→タオルケットなど

まとめ

IKEAのロースコグ ワゴンを使った赤ちゃんのお世話グッズ収納いかがでしたか?

細々したスキンケア用品や小さいベビー服を、100均のボックスなどを使って小分けに収納することで、見やすく使いやすいベビーワゴンが完成します!

ぜひ参考にしてみて下さいね!

出産までもう少し♪

いよいよ妊娠後期の始まり!妊娠28週のママと赤ちゃんの様子は?