ドイツ直輸入!クラシックシュトーレンが美味しすぎ♡【業務スーパー】

業務スーパー

こんにちは、BABYDOT(ベイビードット)編集部のきなです。

12月に入ると大人や子どもたちも楽しみなクリスマスがやってきます♪

ドイツではクリスマスまでの4週間に「シュトーレン」というお菓子を少しずつスライスして食べながら待つ習慣があるそうです。

そのドイツから直輸入した業務スーパーのクラッシックシュトーレンをご紹介します♡

スポンサーリンク

業務スーパー クラシックシュトーレン

クラシックシュトーレン

商品名:クラシックシュトーレン

価格:816円(税別)

原産国::ドイツ

内容量:500g

カロリー:100gあたり389㎉

業務スーパーにしては強気なお値段ですが、本場ドイツから直輸入している商品です。

シュトーレンって?

シュトーレンって?

シュトーレンってよくわからなかったので調べてみました。

ウィキペディアでは…

シュトレンという名前はドイツ語で「坑道」を意味し、トンネル型の形状から名付けられたもの。酵母の入った生地にレーズンとレモンピール、オレンジピールやナッツが練り込まれており焼き上げたケーキの上に真っ白くなるまで粉砂糖がまぶされている。

ドイツではクリスマスを待つ4週間の期間に少しずつスライスして食べる習慣がある。フルーツの風味が時間の経過とともにパンへ移る、地方の代表的なお菓子。

とあります。

ドイツでは伝統的なお菓子なんですね。

開封

開封

箱を開封してみると、かわいい雪だるまが描かれていてクリスマスシーズンなんだなぁと実感します♪

箱から出してみると銀の袋に包まれていてお菓子とは思えない見た目です(汗)

箱から出してみると銀の袋に包まれていて

袋を開けてみるとドライフルーツの独特の香りがふんわりとしてきます。

全部出してみました!

大きなパンみたいです♡

持ってみるとかなりずっしりとして重いのですが…大きなパンみたいです♡

長さを計ってみると約21センチでした。

カットした断面をみてください♡

カットした断面をみてください♡

ずっしり感が伝わるでしょうか(笑)

早速いただきます!

早速いただきます!

包丁で1.5㎝くらいの薄さでカットして食べてみた感想は…あまり甘くないパウンドケーキのようです。

レーズンの味が強くちょっと洋酒に漬けたような味もします

レーズンの味が強くちょっと洋酒に漬けたような味もしますが、ナッツの食感がとてもいいアクセントになります♡

ちなみに原材料をみてみると、アルコール分は入っていません♪

ちなみに原材料をみてみると

いろんなシュトーレンを食べた方の評価は業務スーパーのシュトーレンが一番美味しいとのことです♪

普通に買うと2〜3000円するところ、700円代ですからね!

800円でこのクオリティなら毎年買おう! 

一番美味しく感じました!

まとめ

シュトーレンは、日本でもパン屋さんなどでクリスマスシーズンになると販売しているところもありますが、業務スーパーのクラシックシュトーレンは本場ドイツの味を楽しむことができちゃいます。

期間限定での販売ですので、気になった方はお早めにチェックしてみてくださいね♡

スタバ Starbucks シュトーレンも紹介!

スタバシュトーレン

商品名:シュトーレン

価格:1,950円(税別)

公式PRより

クランベリーの赤、ピスタチオの緑、粉糖の白、その他にレーズン・アーモンド・クルミ・オレンジピール・マジパンといった色とりどりの具材を盛り込んだ、ホリデーシーズンの定番菓子です。
今年はリユースできるポーチに入っています。
ホリデーシーズンカラーの赤・白・緑・金を使用し、コーヒーの葉・コーヒーチェリー・コーヒー豆・レッドカップのモチーフでリースのように描き、季節を問わず使用できるようなデザインに仕上げました。

今年はかわいいポーチ付き♡毎年売り切れ続出のスタバのシュトーレン♡