考えた人天才!もうこれ以外は使えない!【ダイソー】「即購入ですわ」「すごい」話題のキッチン用品!

ダイソー

こんにちは、BABYDOT(ベイビードット)編集部のわたなべです。

便利なキッチングッズが次々と発売されるダイソー(DAISO)!

100円とは思えないクオリティのものも数多くあり、キッチン用品はほぼダイソーという人もいるほどです。

今回は、便利という噂を聞いてずっと気になっていたダイソーの「シリコーン菜箸 ブラウン」を買ってみたので、実際の使い心地をレビューします。

スポンサーリンク

ダイソー シリコーン菜箸 ブラウン

シリコーン菜箸

商品名:シリコーン菜箸 ブラウン

商品サイズ:1.5cm×30.5cm×1cm

材質:先端:シリコーンゴム(230度)、本体:ナイロン・ガラス繊維(200度)

箸の反対側にフォークとスプーンが付いたダイソーのシリコーン菜箸が便利!という噂は聞いていて、ちょうど竹の菜箸が一膳傷んでしまったこともあり、購入してみました。

小さじもはかれるスプーンが便利!

小さじも測れるスプーンが超便利!!

調理中の「小さじ1」って適当になってしまいませんか?私はほぼ目分量です。

でもこの菜箸を使い始めてから、計量スプーンを「わざわざ」出さなくてもいいのでちゃんと計るようになりました。

この菜箸についたスプーンは小さじ1/2にも目盛りがあるのが便利ですね。

人によってはこのスプーンを味見用に活用している、という人もいるようです。

箸先がやわらかすぎない?

箸先

いろんなメーカーから発売されているシリコーン菜箸がありますが、どこの菜箸が使いやすいのか比較の際に話題に上がるポイントのひとつに「箸先の硬さ」があります。

シリコーン部分がやわらかすぎると、炒めるには良くても、何か具材を持ち上げるときに使いづらい場合があります。

ダイソーの菜箸はどうなのか?というと、しなり具合は写真の通りです。

写真奥の箸はそのまま真っ直ぐの状態、手前の箸には力をかけてしならせていますが、そんなに大きくしなりませんでした

実際の調理中も、これといって不便はなかったです。

ただし、先端があまり細くない箸なので、具材によっては掴むのにコツが要るかもしれません。

スプーン×スプーンより使いやすい!

スプーン×スプーン
シリコーン菜箸の先端がスプーンとフォークになっているセットは割と一般的ですが、中には両方がスプーンになっている商品もあります。

その場合、スプーンの幅によっては扱いづらい商品もあります。

ダイソーのシリコーン菜箸はその点でも扱いやすく、フォークの部分はイモ類やカボチャなどの煮え具合を確認するときに活躍しています。

まとめ

まとめ シリコーン菜箸

ダイソーの「シリコーン菜箸」は、噂通りの「使える」商品でした。

「要る?」と疑問に思っていたフォーク部分も、実際に使ってみたらすごく便利です。

気になっていたけどまだ使っていないという方、ダイソーに行ったらぜひチェックしてみることをおすすめします!