ベイビーーズ

現役ママがトレンド情報をお届け

【ロタワクチン】2020年10月から定期接種化へ

スポンサーリンク

【ロタワクチン】2020年10月から定期接種化へ

こんにちは、ベイビーーズ編集部のブタの丸焼きです。

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の予防接種基本方針部会は、なんとロタウイルスワクチンの定期接種を2020年10月から開始する方針を決定しました!

今までロタのワクチンは自由接種で、1回の接種で病院に寄りますが、高いところでは1万円するうえに、2回~3回も接種する必要があります。

ロタワクチンだけで合計で3万円近くかかってしまうところが、定期接種になることで原則無料で受けることができます!

ロタウイルスとは?

ロタウイルスとは?

ロタウイルスは乳幼児期にかかりやすい病気でとくに、0~6歳ころのお子さんがかかりやすいウイルス性の胃腸炎となります。

ロタウイルスは感染力が強いため、保育園で流行ってしまうと、もれなく移ってしまうことがあります。

もしくは、通院した病院や遊びにいった先でもらったりと・・・

どこで感染するかは、だれにも予測することができません。

ロタウイルスに感染すると、水のような下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛を発症してしまいます。

特に乳幼児は重症化することも多く、脱水症状がひどくなることがあります。

どんなウイルス?

どんなウイルス?

ロタウイルスは10~100個くらいのロタウイルスが口から入ると感染します。

2~4日の潜伏期間があり、その後、発症します。

ロタウイルスは、ノロウイルスの倍ぐらいの大きさで直径約100ナノメートル(1万分の1ミリメートル)のウイルスとなります。

ロタとはラテン語の車輪という意味で、ウイルスの形が車輪のような形をしているため、ロタと命名されました。

いつから無償化?

いつから無償化?

一番気になることが、いつから無償になるかです。

対象となるこどもは2020年8月生まれ以降の乳児となり、2020年10月1日から定期接種となります。

これから妊活を初めている方、こども欲しいと考えている方には費用の負担が少なくなるので、ママさんからは大歓迎されています♡

 発症後の治療方法は?

発症後の治療方法は?

ロタウイルスは、発症してしまうとロタウイルスに効果のある抗ウイルス剤がありません。

つまり、ロタウイルスに効く薬がないということです。

対処療養と、よく言われますが、ウイルスが体から出ていくのを、ただただ待つだけとなります。

ロタウイルスの怖いことは、脱水症状となります。

ロタウイルスにより、水のような下痢と嘔吐を繰り返すため、脱水症状に落ちりやすくなります。

脱水症状がひどいと、点滴などで治療し脱水症状を抑えることしかできません。

下痢止め薬などを利用するとウイルスが外に出なくなるため、病気が長引いてしまうため下痢止め薬は利用されないことがほとどんです。

ロタウイルスのワクチンは?

ロタウイルスのワクチンは?

予防接種と聞くと注射をイメージされるかと思いますが、ロタウイルスのワクチンは経口ワクチンとなります。

経口ワクチン?となる方もいるかもしれませんが、口から飲むタイプのワクチンとなります。

ワクチンも2種類ありロタリックスとロタテックとなります。

製造医薬品名メーカーが違うということと、接種回数が異なります。

接種回数はこちら

  • ロタリックス:2回接種
    一番流行して重症化しやすい1種類のロタウイルスを弱毒化してくれるワクチン
  • ロタテック:3回接種
    流行して重症化しやすいウイルスを含む5種類のロタウイルスを弱毒化してくれるワクチン

病院によって利用しているワクチンは異なるため、近くの小児科に確認しましょう。

ロタリックス、ロタテックの両方のワクチンを選べるところは滅多にないので、病院に合わせて、どちらかのワクチンを接種することになります。

価格も病院によって異なります。

ロタウイルスのワクチンを接種したからといって、ロタウイルスに感染することがなくなるわけではありません!

一番重要なことは、ロタウイルスに感染しても重症化しないようにするためのワクチンとなります。

ロタウイルスに感染し重症化すると重度の脱水症状を起こしたり、神経系の合併症として脳炎・脳症を引き起こす可能性があります。

わたしの息子もロタウイルスのワクチンを接種したにも関わらず、ロタウイルスに感染しました。

感染したときは、あんだけ高いワクチンを飲んだのに~という気持ちはありましたが、重症化しなくてよかったので一安心しています。

いつから接種するべき?

いつから接種するべき?

ロタウイルスのワクチンは、生後6週から接種は可能ですが、病院の判断もあるので近くの小児科に相談してください。

ただ注意が必要で、初回接種は遅くとも生後3ヶ月半過ぎ(生後14週6日)までに受けることが推奨されています。

ワクチンデビューはヒブ、小児用肺炎球菌の接種になるため、その時に今後のスケジュールを小児科と相談し計画的にしましょう。

気になる副作用は?

気になる副作用は?

ワクチンにつきものなのが、副作用です。

ロタウイルスのワクチンを接種すると、腸重積の症状がひどい場合があります。

接種後の体調の変化は注意する必要がありますが、どのワクチンを接種しても起こりうることです。

ロタウイルスのワクチンの場合は、以下の症状に注意が必要!

  • ぐったりする(不機嫌)
  • 泣きと不機嫌を繰り返す
  • 顔色が悪い
  • 繰り返し起きる嘔吐
  • いちごジャムのような血便
  • お腹のはり

初めてのワクチンをしたときのことを思い出すと、不安で不安で仕方なかったことを思い出します。

まとめ

ロタウイルスのワクチンが定期接種化されると経済的な理由で受けることが出来なかった家庭でも安心して受けることができます。

ワクチンを受ける方が増えれば、ロタウイルスで重症化することが減らすことができます。

少しでも、我が子が苦しむ姿を見たくないですよね

わたしの息子もロタウイルスになったときは、本当に参ってしまいましたが、もしワクチンを受けてなかったらどうなっていたのかな?と思うばかりです。

ちなみに、ロタワクチンは経口ワクチンとなり、たまに吐き出してしまう子もいるそうですが、美味しいらしくごくごく飲んでくれました♡

★予防接種の管理はどうしてますか?わたしは予防接種スケジューラーのアプリを愛用しています!

【アプリ】生後2ヶ月でワクチンデビュー!スケジュール管理は「予防接種スケジューラー」が便利! - ベイビーーズ ママのトレンド!

ベイビーーズ

ベイビーーズは現役ママが子育て・ファッション・トレンド情報をお届けしています。
『プレママ』『子育てママ』『ワーママ』全てのママさん達に、少しでも役に立つ情報が届きますように♡

詳しくはこちら

最新情報をSNSで!Follow Us
Twitter Facebook LINE Instagram