「NHKすくすく子育て」で紹介されていた、子供用食事椅子を手作りしてみました♪

子ども用食事椅子

こんにちわ、ベイビーーズ編集部のmiyuckeyです♬

ママにとっては、子育てする上で重要なポイントになる食事。
授乳期から離乳食を経て幼児食へ。
発達に応じた段階段階でいろいろな食の悩みに直面しますよね。

NHKが行った子育ての悩みアンケートの第一位は「食」に関するものだったそうです。

先日放送された「NHKのすくすく子育て・子どもの「食」の悩み~幼児食~」も話題になっていました。

この番組の中で、100円ショップの材料で作れる食事椅子が紹介されていたので早速作ってみました♪

 息子の話

NHKすくすく子育て

我が家には8歳の娘と、5歳の息子がいます。
5歳のやんちゃ息子、最近特に、だらだら食い、遊び食いがひどいんです(*ノωノ)

夕食メニューをダーツで決めたり、デコごはんなど盛り付けをかわいくしたり、こちらもありとあらゆる手を打ってはいますが、なかなか改善されない・・・

そんな先週、「NHKのすくすく子育て・子どもの「食」の悩み~幼児食~」編を見ました。

私の心に響いたのは、
「食事の時間は20分~30分、食事環境を改善して子供の集中力が持つ時間内に収めましょう!」というものでした。

NHKすくすく子育て

番組の中で紹介されていたのはかわいい女の子♡

この女の子、食事の途中で席を立ったり、少し食べてすぐお腹いっぱい!と遊び始めるものの、片づけたあとにまたお腹すいたとぐずぐず言うのがママのお悩み。

この様子を見て専門家の先生が指摘したのは、ベンチシートの食事椅子のことでした。
子どもの目線で食事をしてみると、テーブルが高すぎて器の中が見えません。

テーブルは、座った状態でひじが置けるくらいの高さだと、目線もちょうどよく、子どもの上半身が自由になり、食事に集中できるのだそうです。

わわわ!まさに我が家!!!
姉弟でベンチシートに横並びで仲良く食べていますが、確かに5歳の息子の目線ではテーブルが高すぎるー!!

番組を見ながら心がざわざわ・・
息子、ごめんねー(;_:)

さっそく椅子を作ってみた♪

NHKすくすく子育て

番組の中で、100円ショップの材料で簡単に手作りできる食事椅子が紹介されていたので早速作ってみました。

使うものは、ダイソーの発泡スチロールブロック。
(大きいものは1つ200円です。)

ダイソー発泡スチロールブロック

ピンクやグリーンなどかわいい色もあるようですが、近くのお店にはそろっているのはグレーしかなかったのでグレーを購入。カラフルなものがそろえばカラフル椅子にするともっとかわいいですね♡

息子の体の大きさと、家の椅子の高さとを計算して、ミニブロックとビッグブロックを自分で組み合わせました。

手作り食事椅子

手作り食事椅子
発泡スチロールなので、太めのテープで簡単にくっつきました。

息子の反応

息子の反応

 

息子の反応

お尻もすっぽり♡
ビッグブロックは高さが9.5㎝なので、その分目線が上がったということになります。
座ったままでテーブルが見渡せるようになりました。

高さが6.2㎝のミニブロックの方を下に組み替えれば、成長に合わせて使えますね!

使い始めてまだ1週間ですが、食事中に気が散る回数が減ったように思います。

このまま継続して、息子が楽しく食事ができたらいいな♪と思う母でした!(^^)!

 

www.baby-babys.com

www.nhk.or.jp

 

【これと言って特徴のないのが特徴「平均点の女」miyuckeyです。】 小学生ののんびり娘、幼稚園児のおしゃべり息子、スーパーポジティブな夫の、4人暮らしです。 アンテナを張り巡らせて、トレンド追っかけていきたいと思います♪

miyuckeyの記事一覧♪

ベイビーーズ

ベイビーーズは現役のママが10人が子育て・ファッション・トレンド情報を編集してお届けしています。
ベイビーーズでは素敵な写真やアイデアを一緒に投稿してくれる公式インスタグラマーを募集中です!

詳しくはこちら

最新情報をSNSで!Follow Us
Twitter Facebook LINE Instagram