ベイビーーズ

現役ママがトレンド情報をお届け

MonoMax史上初付録!なんと倍率6倍双眼鏡が!さてその実力は?

スポンサーリンク

MonoMax

こんにちは、ベイビーーズ編集部のkikiです♪

毎回豪華付録で話題になるMonoMax。
8月号増刊号付録は、MonoMax史上初の双眼鏡です。
なんと倍率6倍とのこと!

気になる実力をレビューしていきたいと思います。

MonoMax 2020年8月号増刊

MonoMax

MonoMax 8月号増刊

発売日:2020年7月9日

価格:1,390円(税込)

出版社:宝島社

※セブンイレブン・セブンネットショッピング限定販売

Marmot

maemot

Marmotは、1973年に設立したアメリカのアウトドアブランド。
アウトドア用品や登山・キャンプ用具の製作・販売を手掛ける企業です。

米国ではアウトドアファンからの評価が高い会社で、米国のアウトドア雑誌Backpackerの編集者選奨金賞を受けたり、2014年1月号では読者人気投票で、寝袋を作る会社として1位、アパレルとしては4位を受賞しているほど人気なのだそうです。

日本では、スポーツ用品店や、アウトレットショップに出店しています。

特別付録 Marmot双眼鏡

特別付録Maemot双眼鏡

Marmot双眼鏡

サイズ:(約)12×13×5cm

最大倍率:6倍

ガリレイ方式

レンズ有効径:36㎜

カッコいいデザイン

特別付録

Marmotとロゴのあるフォルムはかなりかっこいいです。

特別付録

手にもしっくり馴染む大きさ。

真ん中にはピントリングが付いており、自分の見やすいように調節できるようです。

使ってみました

使ってみました

今まで双眼鏡を使う場面がなかなかなかったので、おもちゃの双眼鏡程度しか使ったことのない私。

コツをつかむまでに時間がかかりました。

双眼鏡なので、すぐそこのものが大きく見えると言うわけではないようです。

色んな距離のものを見てみると、ベランダから外の風景がかなり良く見えました。
肉眼では見えない人の動きや車の動きが鮮明に見えましたよ。

どうやら、双眼鏡は倍率によって一番よく見える距離があるようです。
今回のこちらの付録は、空を見たりするよりも、スポーツ観戦や、アウトドアで動物を見たりする距離がちょうどいいのかと思いました。

上手く使いこなせなかったところが、真ん中のピント合わせのリング。
回しても回しても全然効かず・・。
私の使い方が悪いのかと思いましたが、クチコミでもピント合わせは上手にできないとありました。
ここは少し残念ポイントでした・・(-_-;)

倍率って?

双眼鏡

なかなか双眼鏡についての知識がないので調べてみました。

双眼鏡選びでは、やっぱり一番大切なのは倍率のようですね。
倍率が高い双眼鏡ほど遠くのものが良く見えます。

倍率による見え方のイメージは「対象物までの距離÷倍率」で分かります。

例えば、100m遠くにある対象物を双眼鏡で見る場合、倍率4倍だと25m離れた場所で肉眼で見るのと同じ見え方になるのですが、倍率10倍だと10mまで近づいた見え方になります。

ということは、倍率は高ければ高いほど大きく見えて良いと思ってしまいますよね。
でも倍率が高いほど視野が狭くなる、手ブレが増える、暗く見えるなどのデメリットも生まれてくるのです。
使用シーンや見たいものまでの距離から適切な倍率の双眼鏡を選ぶのがいいそうです。

まとめ

まとめ

 MonoMax8月号増刊の付録はなんと倍率6倍の双眼鏡でした。

双眼鏡は高いものは数万円するので、1,000円台で購入できる雑誌についてくると言うのはすごいですね。
双眼鏡を頻繁に使っている方には機能性は物足りないような気がしますが、使うシーンを選べばコスパ良しだと思います。

MonoMax8月号のリュックレビューはこちら♪

MonoMaxの付録はどこまでも進化する!!まるっと保冷機能の「マーモット背負える保冷バッグ」がすごすぎる!こんな使い方も!! - ベイビーーズ ママのトレンド!

ベイビーーズ

ベイビーーズは現役ママが子育て・ファッション・トレンド情報をお届けしています。
『プレママ』『子育てママ』『ワーママ』全てのママさん達に、少しでも役に立つ情報が届きますように♡

詳しくはこちら

最新情報をSNSで!Follow Us
Twitter Facebook LINE Instagram