臨時休校で長い春休み期間におすすめ!ママ・パパも”苦手意識”があると子どもにも伝染しちゃう・・?そうならないための楽しい1冊ならコレ♪

絵でわかるはじめてのプログラミングで苦手意識もなくなっちゃう!?

こんにちは、BABYDOT(ベイビードット)編集部のみっちゃんです。

突然ですが、2020年の4月から小学校で「プログラミング教育」が必修科目となります。

身近にあるコンピューターですが、この機会に大人も一緒に勉強しちゃいませんか?

今回は、学研「絵でわかる はじめてのプログラミング」をご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも何?(笑)

そもそも何?(笑)

炊飯器にお米を入れると、どうしてご飯が炊けるの?

当たり前のようなことでも、そこには”仕組み(プログラム)”があるんです。

本書では、生活の中で使われているさまざまな機械をお題に、仲間たちとイラストやマンガ形式で解説をしながら楽しく読めちゃうんですよ~。

パズル感覚で♪

パズル感覚で♪

バウムクーヘンの作り方を漠然とわかっていても、どうやったらあんなに正確にできるの?

答えは、シンプルな動作(命令)の組合せなんです。

特に、年輪模様を作るとき「焼き棒をまわしながら生地をぬる」「火を近づけて焼き色をつける」という工程は、「くり返す」という命令でプログラムされているから、寸分たがわずキレイな年輪ができるんです♪

こういった動作をパズル感覚でただしい順番に当てはめるコトで楽しくプログラミングを学べちゃうんですよ~。

じゃあどんな順番なの?

じゃあどんな順番なの?

「作業」がわかっても「順番」がただしくないと正しくバウムクーヘンはできあがってくれません。

下のフローチャートでは、作業工程の順番がわかりやすく解説してあるので「そーなんだ!」となったら、キラキラした笑顔で子どもたちもパパ、ママに自慢してくるかもしれませんね(笑)

キャッシュレスの勉強にも♪

キャッシュレスの勉強にも♪

自販機や、コンビニのレジでキャッシュレス決済をしていると、5歳の娘は

・・・・・・(*’ω’*)?

とわかりやすいほど”ぽかん顔”(笑)

大人になって導入された私たちは使っているうちにわかってきても、子どもたちにとってはわからないことばかり・・

YouTubeだけじゃなくて、こういった”仕組み”が学校で学べるのは、ありがたい反面、大人も最低限の知識は身につけておきたいですよね?

一緒に学べる♪

一緒に学べる♪

”自動照明”などの身近なプログラムを、オリジナルパズルのワークシートをダウンロードすれば、ひとり1台のPCやタブレットが無くても、すぐに体験できちゃいます♪

私も保育園に通う娘のママをしてますが、将来子どもの「宿題教えて!」にちょっぴり不安を覚えています。

それはこの「プログラミング」!

プログラミングってなに?おいしいの?とならない為にも、こういった予習は大事かな・・と実は今からひやひやしていますが、これなら安心♡

PC・タブレット対応のゲームも♪

PC・タブレット対応のゲームも♪

本書では、プログラミングツール「Scratch3.0」を使った、オリジナルゲームのプログラムも紹介しています。

キャラクターの移動速度や、イラストなどを簡単に変更することで遊びながらプログラムのはたらきも学べるので、もしかしたらママ・パパの方が子どもより楽しんじゃうかもしれませんね。

これからのために・・

これからのために・・
商品名:絵でわかる はじめてのプログラミング
価格 :4,200円(税別)
発売日:2020年2月6日(木)
版型 :A4変型判/80ページ
発酵所:(学研)プラス

これからの時代を生きる子どもたちはモノづくりや、プログラミング教育を学校現場で学ぶことが2020年4月から小学校の必修科目としてスタートします。

プログラミングと聞いただけで苦手な方も私含めてたくさんいると思いますが、案外へぇ~そーなんだ♪と楽しく学べちゃうかもしれませんよ?

ちなみに子どもの独創性を楽しめちゃうアートブックは、大人も予想しないような遊び方をしちゃうのでこっちもおすすめ♡

【ダイソー】みんな大好き!シールを貼って世界で1つだけのアートブックを作りませんか?