妊娠20週のママと赤ちゃんを詳しく解説!妊娠6ヶ月スタートです。

妊娠20週のママと赤ちゃんの様子は? 

妊娠20週って?

妊娠20週と言われて何ヶ月だ?と思うのはよくあると思います。

妊娠20週は、妊娠中期の妊娠6ヶ月のスタートの週となります。
この時期は、安定期に入り比較的体調は落ち着いている時期です。
また、妊娠20週を過ぎると、胎動を感じ始める人が増えていきます。
お腹の中で赤ちゃんが元気にそだっているという実感が強く感じられるようになる時期でしょう。

約40週ある妊娠生活のちょうど半分の地点である妊娠20週目。
体調が落ち着き、心身ともに楽になってきたという人もいるかもしれません。
しかし、体調面ではこのころから本格化するつわり以外のマイナートラブルも多くなり、その症状に悩まされ始めるママもいるでしょう。
この記事では妊娠20週のママと赤ちゃんの状態、お腹の大きさや体重の変化、妊娠20週の生活上の注意点などを解説します!

妊娠20週の赤ちゃんの様子

妊娠20週の赤ちゃんの様子

妊娠20週は、妊娠6ヶ月の第1週目です。
妊娠20週目の胎児の大きさは、大きい小さい個人差はありますが、身長が平均で約17~23㎝、体重が平均で約220~350g程度とされています。
身体の比率は産まれるころと同じくらいになります。

この時期は身体の細部の形成がされる頃で、筋肉や骨、歯や鼻などが成長し、キックなどの動きが力強くなります。
身体の表面は産毛で覆われ、まぶたもできるので顔のつくりがしっかりとしてきます。
五感も発達していき、お腹の外の音も聞こえるようになり、音楽をかけたりトントンとお腹をたたくと反応したりする赤ちゃんもいるそうです。
思考機能も発達してくるので、パパとママが喧嘩したり声を荒げたりするのは、赤ちゃんにとっても良くないことなので気を付けましょう。

また、羊水の量が急激に増加してくる時期です。
常に清潔な環境で赤ちゃん育っていけるように、約3時間という頻度で、古い羊水から新しい羊水に交換されていきます。

気になっていた性別も、このころのエコー検査の時、赤ちゃんの姿勢によっては性別がわかることもあります。
中には足をずっと閉じていて性別を教えてくれない赤ちゃんもいますが、何回か検査を重ねていくと見える時があるでしょう。

胎動

胎動

お腹の中でより激しく動くようになるため、今まで胎動を感じていなかったママにもはっきりとした激しい胎動を感じるようになります。
胎動の感じ方には個人差があるので、胎動を感じ始める時期が遅かったり胎動が弱いように感じても、エコー写真で赤ちゃんが元気であれば問題はありません。

胎動を感じる位置が下のほうだと逆子を心配するママもいますが、この時期はまだ子宮内のスペースに余裕があり、赤ちゃんはいろいろな体勢でお腹の中をくるくる動き回ります。
生産期に入るころには赤ちゃんが自分から正しい向きに戻ることが多いので安心してください。

ママは赤ちゃんがお腹の中で転がったり、羊水の中に潜ったり、足をばたつかせるのを感じるほか、リズミカルな痙攣を感じることがあるかもしれません。
ほとんどの赤ちゃんが体内でしゃっくりをしているようです。
横隔膜が未熟なため、痙攣するのが原因とも言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。
悪いことや異常な事ではないので、その感覚を楽しむくらいの余裕があるといいでしょう。

性別がわかることも!?

性別がわかることも!?

早い妊婦さんで12w頃には性別がわかる方もいるかもしれませんが、はっきりわかりだすのはこのころが多いでしょう。
胎児は受精卵の時点で性別は決まっていますが、外性器もはっきりしだすのでエコー検査で見えることもあります。
エコー検査のときの写真や角度や赤ちゃんの体勢によっては見えないかもしれませんが、運が良ければ見えるかもしれませんね。

呼吸様運動(こきゅうよううんどう)

胎児の呼吸器は、肺として機能するには不完全な状態であるものの、羊水を飲み込んで肺の中にためて吐き出す「呼吸様運動」を始めます。
胎児が自力で呼吸できるようになるのはも少し先ですが、肺が発達することで徐々に胎外でも生存できるようになります。

睡眠サイクル

睡眠サイクル

妊娠20週ころになると、赤ちゃんは約20~30分おきに睡眠と活動を交互に行い、寝たり起きたりを繰り返しています。
胎動のサイクルで胎児が活動する時間がわかるでしょう。

妊娠20週ママの様子

妊娠20週ママの様子

妊娠20週目は、子宮底長が18~21㎝ほどになり、つわりなどの不快な症状から解放され楽になったと感じる人が増えます。
母体の新陳代謝が活発になり、妊娠前よりも髪の毛や爪が早く伸びていきます。

個人差があり、お腹があまりでていない妊婦さんや、逆にお腹が大きく突き出している妊婦さんもいるので、平均より大きかったり小さかったりしても気にすることはありません。
お腹のふくらみ方によって性別あわかるとも言われていますが、骨盤の大きさによってもお腹のふくらみ方は変わってくるようです。
お腹が前にせり出すことで足元が見えづらくなるため、つまずきや転倒に注意が必要となります。

腰痛

腰痛

妊娠中は背中の痛み、特に腰痛がひどい妊婦さんが多くいらっしゃいます。
子宮が大きくなるにつれて、身体の重心が移動し、腰が前に引っ張られているためです。
また、レラキシンというホルモンには身体中の関節や靭帯を緩める作用があります。
その作用によって、赤ちゃんの頭が入っていけるように骨盤が広げられていくのです。
テレビを見ている時でも、仕事をしている時でも、座る時はなるべくフットレストを使用して、足を少しもち上げるようにしましょう。
立って用事をする時は、片足を小さな踏み台に乗せて、腰に負担がかからないように気を付けましょう。

歯科検診

歯科検診

妊娠中はホルモンの影響で歯肉炎にかかりやすくなるとされています。
歯肉炎を放置すると歯周病に移行することがあります。
近年、歯周病が低体重児や早産のリスクに関係することがわかってきています。
妊娠中期は全妊娠期間のうち、もっとも検査や治療に適した時期なので、自覚症状がなくても一度は歯科検診を受けましょう。

 気になる性別

 気になる性別

つわりも落ち着いてきて、お腹も目立つようになり、そろそろ気になるのが、性別。
女の子なのか男の子なのか。
もちろん、元気に健康に産まれてきてくれれば何も望みません。
でも、気になるのは気になる。
女の子だから男の子だからうんぬんというわけではなく、気になる。ただそれだけ。

この時期はまだ、月1回の健診なので健診の度にこの日はわからないと、次の健診までますます待ち遠しくなります。
受精卵の時点で女の子か男の子か決まっているとは言え、見えないとわからないですもんね。
そして、産院によっても異なるのですが、胎児の性別を教えてくれない病院もあります。
妊婦本人から聞かれない限りは、内緒にしておくなど、性別に対してさまざまなやり方が病院によってあります。
また、たとえ19wの早い段階のエコー写真で性別がわかったとしても妊娠20週を過ぎないと教えてくれないなどもあります。

わたし自身男の子3人のママです。
もう、二人目あたりからエコーで先生が告げる前からわかるようになりました。
男の子はわかりやすいですよね。
見えたらわかるんです(笑)
わたし自身、女の子がいないので、女の子のエコー写真はまったくわかりません。
わからないから女の子なのかな?

最近のエコー機器の精度は上がっていて、エコー検査での性別判断の正確性はかなり高いですが、見え方などあいまいな部分もあるので、「生まれるまでは100%確定ではない」ということ理解した上で性別を聞くようにしましょう。

ジンクスも様々あります。
・お腹の出方
お腹が前に出ていたら男の子。
横に広がっていたら女の子。
・顔つきの変化
顔がきつくなったら男の子。
顔が優しくなったら女の子。
・食べ物の好み
塩辛いものやお肉が食べたくなったら男の子。
甘い物が食べたくなったら女の子。

youtu.be

どれもこれも個人差があり、本当にジンクスという感じで当たらないと思ってもいいと思います。
性別が判明する前は、どちらでも嬉しいと思っていますよね。
でも、性別が判明すると、今度はわかった性別の良さばかり目につくようになったりします。
妊婦中にふと外を歩いて、小さい子を見てしまうのが、わかった性別の方だったり。
性別がわかると名前を考れだしたり、愛おしさが増すのも事実です。
赤ちゃんが成長するとともに、出産がますます楽しみになりますね。

体重管理

体重管理

体重増加目安

妊娠前の体重によってBMIを調べ妊婦さんもいるかもしれません。
BMIとは、体重(㎏)÷身長(m)の2乗で計算して出る値で、肥満や低体重(やせ)の判定をします。
肥満の人は医師と相談して体重管理が必要になります。

1週間あたりの体重増加目安
・やせ →BMI18.5未満     0.3~0.5㎏/週   9~12㎏/全妊娠期間
・ふつう→BMI18.5以上25.0未満 0.3~0.5㎏/週   7~12㎏/全妊娠期間
・肥満 →BMI25.0以上     個別に医師と相談 5㎏/全妊娠期間

妊娠中期から後期にかけては、1週間あたり上記の体重増加が目安とされます。
妊娠前に「やせ」あるいは「ふつう」だった人と「肥満」だった人で体重増加の目安が異なっていきます。
全妊娠期間を通しての推奨体重増加量は「やせ」の人で9~12㎏、「ふつう」の人で7~12㎏、「肥満」の人はおよそ5㎏の体重増加を目安として個別対応します。

妊娠25週目になると、子宮底(子宮の一番上の部分)がおへそよりも高くなり、お腹もますます大きくなります。
この時期の体重増加の目安は、妊娠前にふつうの体格だった人でプラス4~6㎏程度が体重増加目安です。
増えすぎないかとどきチェックして体重管理を行ないましょう。
体重管理の基本はとてもシンプルで「食べたら動く。食べ過ぎたらたくさん身体を動かす」
摂取したカロリーは早めに消費して、脂肪貯金を作らないようにしましょう。

医師の許可が出ていたら、ヨガやピラティス、スイミングなど、妊婦の身体に配慮したマタニティエクササイズもいいでしょう。
誰にでも簡単にできるのは、速足ウォーキング。
適切な運動にはお産のときに使う骨盤底筋群(自転車に乗るときサドルに当たる三角形の股の部分)が鍛えられます。

youtu.be

切迫流産に注意

切迫流産に注意

安定期に入った妊娠20週目は、胎児はお母さんのお腹から出ても育っていくにはまだ不十分な状態です。
しっかりと大きくなるまでお腹の中で育てる必要がまだまだあります。
妊娠20週の危険サインはお腹の張りや腹痛と出血で見極めましょう。

妊娠20週目に赤ちゃんが外へ出てきてしまった場合、まだ生きていたとしても「流産」として扱われます。
そして妊娠22週に入ると「早産」となります。
妊娠20週目はまだまだ安心できない時期なんです。
お腹の張りを感じたり、胎動が全く感じられなくなったりと不安なことがあったら病院へ連絡するようにしましょう。

切迫流産

妊娠21週までに出血や下腹部痛といった流産と同じ症状がある状態のことをいいます。
妊娠が確認されていて、妊娠21週までに痛みや出血によって受診した人はすべて「切迫流産」という診断名になります。
なので、「切迫流産」という言葉でパニックにならないでください。
「切迫流産」は、少量の出血があっても子宮頸管は開いておらず、正常妊娠への回復が可能な場合が多いです。
ただ、「切迫流産」を根本的に治す薬はないので、治療法は現在のところないようです。
基本的には安静にして経過を観察することになります。
症状が改善して、妊娠経過が正常に進めば、赤ちゃんには影響はないようです。

原因は?

出血や下腹部の痛みの原因として考えらるのは、仕事や運動などのし過ぎ、胎盤が形成される際の出血、膣からの感染によって子宮内が炎症を起こしている、さらには頸管無力症(子宮頚部が弱い)などの理由が考えられますが、原因が不明な場合もあります。
また、出血の原因としては胎盤が着床する部分(絨毛)や胎盤がはがれて、子宮を包む絨毛膜に血液がたまってしまう絨毛膜血腫が起きていることもあります。
出血量が多いと流産のリスクも高くなるため、経過を見ながら医師の診断を待ちましょう。

治療法は?

現在のところ、切迫流産から流産への移行を確実に防ぐ治療法はないといわれています。
基本的には安静にして経過をみたり、状態に応じた薬による治療を受けます。
経過を見るといっても、状態によってすぐに入院する、自宅で静養する、とくに生活を変えずに様子をみる、など対応は様々です。
子宮内で胎児の心拍が確認されていれば妊娠は継続しているということなので、安静にして経過をみることで、そのまま妊娠継続できる場合もあります。
出血がないからといって、安心できるわけでもなく、お母さん本人は受診して赤ちゃんの姿を見て初めて安心できるものだと思います。
安静にしていても赤ちゃんを確認できるのは診察の時で、何週間もあく次回の診察が待ち遠しくてたまらないはずです。
切迫流産と診断されても、安静にするなどの治療により妊娠を継続できる場合が多いとされています。
切迫流産と言われたら、無理な行動は避けて医師の指示に従いましょう。

妊娠20週の注意点

妊娠20週の注意点

妊娠高血圧症候群に注意

妊娠中に高血圧を発症することを妊娠高血圧症候群とよびます。
妊娠高血圧症候群は脳出血などの重篤な合併症や胎児発育不全を引き起こす可能性があり、母子ともに命に危険がおよぶこともある怖い病気とされています。
妊娠高血圧症候群の治療は安静と入院が中心で、根本的な治療法は見つかっていないのも事実です。
そのため、発症する前に予防することがもっとも重要とされています。
もともと高血圧の人や糖尿病の腎臓の病気がある人のほか、肥満体系の人も発症のリスクが上がるため、妊娠中の体重管理が妊娠高血圧症候群の予防になるとされています。
妊娠22週頃はつわりが落ち着き食欲が戻ってくる時期なので、急激に体重増加しないように注意しましょう。
妊娠高血圧症候群はたんぱく尿を伴うことが多いという特徴もあるため、妊婦健診では医師の診察の前に採尿をして尿中のたんぱくを調べているのです。
妊娠高血圧症候群の予防や早期発見のためにも、妊婦健診は予定通りにきちんと受診するようにしましょう。

妊娠線のケア

妊娠線のケア

妊娠20週はお腹が徐々に大きくなり、妊娠線の心配が出てきます。
急激に大きくなるお腹や胸に皮膚が伸びるはやさが追い付かず、避けたような赤紫の傷ができてしまうことを妊娠線といいます。
産後半年程度で白っぽくなり目立ちにくくなりますが、一度できてしまった妊娠線が完全に消えることがないので、この時期に注意したいですね。
妊娠線の予防には、体重管理と肌の保湿が大事となります。
バランスの良い食生活を心がけ、お風呂上りにボディクリームやボディオイルでお腹や胸の皮膚を保湿するようにしましょう。
妊娠中は肌が敏感になっているので、肌につけるものは低刺激のものを選びましょう。

羊水量

超音波検査では赤ちゃんの様子と共に、へその緒や胎盤の位置、羊水の量についても異常がないかを診察しています。
妊婦健診でエコー検査をした際に、「羊水が多め」と言われることがあるようです。
たとえば、羊水は妊娠30週前後に約800mlでピークの量となるまでは週数が進むにつれて増加していきます。
妊娠20週では通常約350mlとされますが、このころすでに800ml以上と考えられるときは羊水が多すぎる羊水「羊水過多症」、100ml未満と考えられるときは羊水が少ないとされる「羊水過少症」となります。
羊水量を判定する際は、直接量ることはできないので、超音波検査により推測する方法で異常がないかを確認します。

胎盤

胎盤がどの位置に付着しているかも、超音波検査で異常がないかチェックしています。
胎盤の位置が通常よりも子宮の下方にあり、子宮口を覆ってしまっている状態を「前置胎盤」、胎盤が子宮口の近くまで下がっている状態を「低置胎盤」と呼びます。

まとめ

まとめ

妊娠20週目になると、妊娠初期に感じていたイライラや感情の激しい浮き沈みが落ち着き、気持ちに余裕のでてくるころでしょう。
しかし、安定期であっても、妊娠中はさまざまなマイナートラブルが起こりやすい時期でもあります。
体型がどんどん変化していくことに対して不安や失望したり、腰痛や足の痛み、便秘などの妊婦特有の悩みも増えます。
そんな時、一番身近にいるパパや家族が、優しく抱きしめてくれたり「大丈夫?」と一言言葉をかけてくれることで、心は軽くなるものです。
また、夫婦で一緒に胎動を感じられる時間を作って、赤ちゃんのことを話し合ってみると良いでしょう。
性別もわかりだすので、一緒に名前や意味を考えたり、休日にはベビー用品を買いに出かけてみるのもいいかもしれません。
気を付けるべきことには気を付けながら、赤ちゃんの反応や成長を楽しんで、妊娠中期ならではのマタニティライフを味わってください。

ベイビーーズ

ベイビーーズは現役のママが10人が子育て・ファッション・トレンド情報を編集してお届けしています。
ベイビーーズでは素敵な写真やアイデアを一緒に投稿してくれる公式インスタグラマーを募集中です!

詳しくはこちら

最新情報をSNSで!Follow Us
Twitter Facebook LINE Instagram